×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。










たくん(by2006)






君と変らない目をもってるよ
君とちがう心もってるよ
それだけで
何もかも違うものが見えるなんて
なんて寂しい事なんだろう



言葉を忘れるほど強く
見る事を忘れるほど鮮明に
あなたを思えたら。



とてもひろいその肩で
少し骨ばったその手のひらで
速めの鼓動を知らせながら
そっと包んでもらえたら



熱い私に焦がれたバターを
とろけた思いに溺れてしまいそう
香りに惹かれたのでしょうね
腹を空かせて待ったのでしょうね
手をそえて
口をひらいて



私の薄くて小さな
臆病な心を
そっと、
そっと。



壊れたチューナーで音を合わせる。
命はからがら。
不協和音の旋律は確かなうた声。



喉が潰れるまで歌いたい。
喉が潰れても歌いたい。
君を抱き締めて抱き締めたい。
君を抱き締めても抱き締めたい。



目を閉じて
喉を開けて
心の蝶番を蹴り飛ばして。

私を見た目の記憶を
怒りの矛先だった破片を
最後に触れた肌の暖かさを
いつまでも笑ったひだまりの影を。
ぜんぶぜんぶ、吐き出して。
ありったけを、泣き叫ぶ。

君に届くといい。
私に伝わるといい。



原因の分からない罪悪感に埋もれて。
貴方は私を嫌いではありませんか
あのとき貴方はおこりませんでしたか
目が合ったとき

背けた理由はなんですか。



愛から
貴方の歌が聞こえる。
愛から
君の歌が聞こえる。

片方のイヤホンを彼に
片方のイヤホンを彼女に



この無様極まりない
浮きでた背骨にキスをして。



そんな目であたしを見ないで
あたしが近づいたからって離れないで
”そういえばさぁ”って聞き飽きた文句
輪からあたしを落とさないで。



彼の死を 彼女は知っている
彼の生を 彼女は願っている



暗い谷底に居るよりも冷たくて
月の無い夜より孤独で
吐く息さえも風を動かさない。
さびしい、気持ちなんだ。



花の真ん中に星を灯して
夜空に飛んで散らせにいこう
ピンクの花びらは恋する乙女に。
青の花びらは悩める君に。
届いて散れば
きっと叶うよ。
しんじてごらん



生きたい君へ
死ぬものの辛さをしりなさい
その上で前を見据えなさい
死にたい君へ
恐怖と畏怖を思い出しなさい
その上で暗闇に住みなさい



ぼく は知っている
足が おそい
脳が 幼い
喉が 狂う
ぼくは確認する
不必要だと。



君といると悲しくなる
笑っていない
うつむいてるから
君といると嬉しくなる
笑うから
目が幸せそうだから

早く、できるだけ早く。
元気になって、笑ってください。



お前はおそろしい
突き落とすと私を道連れにするだろう
憎悪を知りながら微笑むだろう
お前は愚か
死の意味をしらないのだろう
涙のくるしさをしらないのだろう



奇数はきらい
私を、一人にする。
隣との壁を作る



ぬくもりを残して
さらないで
その度あたしは
さびしいと なきながらに 思う



あまりにも、貴方を思う。
この耳は求めて幻聴をきく
この手はかじかんで額にいきつく
この足はすくんでも休むところ無く
覗いた指の間に貴方はいない。



握り絞めた手は目をおしつける
崩れるぐらい
おさえつける。
もぅ目をひらいても
ぼやけて
ぼやけて
なにもみえない。
なにもみたくない。



あなたを待つ  浜辺で  岩の上で
かにの爪にひっかかれ
風で砂が目に入って
しぶきも無く
さざなみが来たらいいのに
あと何年待つのだろう
かにが絶えるまで
海が乾くまで
骨になるまで





もどる